頻繁な腹痛への対応

よくお腹が痛くなる、ということについて、聞かれてもいないけれど、軽く答えたら反応があったので、ここに書いておく。以前も誰かに聞かれていたように思う。

お腹が痛くなる原因は結構多い。病的なものを別にしても、

  • 食事
  • 排便
  • 老廃物の蓄積(汗を充分にかいていないなど)
  • 睡眠不足、疲労の蓄積
  • 緊張・ストレス

さらに原因自体完全に病的なものを含めてかなり多様で、病院に行ってかなり本格的に検査しておいかけないと分からない。

ただし、多くの場合は過敏性胃腸炎だと言われている。これについては、ドイツニュースダイジェストの記事が参考になる。また、半身浴の効果が高いと言われている。なお、過敏性胃腸炎の症状としては、下痢、便秘、そのミックス、お腹の張り、腹痛などがある。

結局、食事や睡眠などの摂生や規則正しい生活、ストレス耐性を高めることとある程度発散するようにすること、というのが基本的な対処となる。

静菌などでお腹にきやすい体質の人もいるが、これは腸内環境を整えることで改善することもある。

また、腸内細菌が食物に対して不適当なものだとお腹を壊す。牛乳でお腹を壊す人が多いのもこのためだ。ただ、これ自体はずっと摂り続けていれば改善していく。

病気のサインとして腹痛は出やすいので、あまりひどかったり改善しないなら病院に行くことを推奨する。

I readed and share...Email this to someonePrint this pageTweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrShare on LinkedInShare on Reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA